引越し 深夜

夜中だけでなく、今すぐの引越しも…

深夜の引越し

 

祝日も休みがない、でも夜中なら時間があるという人。

 

それから、仕事の都合でどうしても深夜にしか引越し作業ができない人。やむを得ぬ事情で急いでいて、いますぐ即日引っ越したい人。営業時間の終わった夜間にお店やオフィスの移転をしたい……。

 

そんなお願いに応えてくれる深夜の時間帯、即日OKの引越し業者はあるのでしょうか。。。

 

先に答えを書いてしまうと、多くはありませんが、あります!

 

ただし、スタッフやアルバイトの人員確保や、トラックの空き状況などによっても対応できる or できないは変わってきますし、「必ずいつでも」というわけではありません。

 

深夜の引越し(アリさんマークの引越社)

 

また、対応できる業者があったとしても、足元を見られて高い見積もり金額を請求される不安もありますよね。そこで、複数の業者を当たる必要が出てくるのですが、一件一件ホームページで情報を調べて問い合わせるのは大変・・・

 

そんな時に便利な方法が、引越しの一括見積もり

 

こちらのサービスは、複数の業者にまとめて見積もりを依頼できるというもの。見積もりだけなら完全無料です。現住所の郵便番号と引越し先の都道府県、引越しのタイプ(単身者/ファミリー/オフィス)を選択して見積もり依頼スタート!

 

その後、引越し希望日時や荷物の分量などを登録します。作業内容の要望や相談を書ける欄もありますので、こちらには「深夜の引越しをしたい」「即日、引越しをしたい」など、こちらの希望を書いておきましょう。

 

深夜の道路

 

このサービスを利用すると、すぐに担当者から電話やメールで連絡が入り(目安としては1〜2分以内に)、具体的な相談に乗ってくれます。

 

営業時間外でもすぐに対応してくれる可能性がありますし、遅くとも翌日の営業開始早々に連絡が来ると思います。

 

深夜や即日急ぎの引越しに対応可能な複数の業者が相談に乗ってくれますので、その中から最も条件の良い業者を選んで契約すればOK。

 

「あい見積もりをとって、何社か比較検討しているんですが…」と伝えて金額交渉をすれば、相場よりも安い費用での引越しが可能となります。簡単ですね!

 

 

引越しの一括見積もりはこちら

 

 

相談に乗ってくれる業者は、アート引越センターや日通やクロネコヤマトのような大手から、地域密着型の中小業者まで多数。あなたの条件にあった深夜OKの引越し業者が見つかることを祈っています!

深夜の引越しの注意点〜トラブルを避ける8つのポイント

深夜の引越しといえば、心配なのが「引越しトラブル」ではないでしょうか。(※画像の業者と引越しトラブルとは関係ありません)

 

ここでは深夜の引越しに関して留意すべき8つのポイントをご紹介します。以下の注意点をあらかじめ念頭におき、トラブルにならないように注意しましょう!

 

新居の鍵の受け取りを忘れずに!

 

家の鍵

 

まずは何をおいても事前に新居の鍵を受け取っておきましょう。深夜、即日に引越しをしようとする場合、突然訪問したり深夜の時間帯に訪問しても、大家さんや不動産屋さん、管理会社から鍵が受け取れません。事前に連絡をとり、いつどこで鍵の受け渡しができるのか、しっかり取り決めておきましょう。

 

照明の準備はありますか?

 

深夜の引越し作業

 

深夜の引越し、照明がないと作業ができません。照明のない部屋は、日頃考えている以上に真っ暗なものです。うっかり旧居の電気をすでに止めてしまっていた…というようなことのないように注意してください。

 

また、新居の電気も開通しておく必要があります。照明器具は備え付けのものがあればいいですが、なければご自身のものをまず引越し業者さんに取り付けてもらってください。それから搬入作業をスタートしてもらいましょう。

 

シーリングライト

 

どうしても電気が開通できなかった…などの場合は、電源不要のLEDライトなどを準備しておくと親切です。

 

懐中電灯

 

何かと役立ちますので、懐中電灯やヘッドライトなどがあれば、必ず持っていきましょう。部屋の大きさにもよりますが、大き目の懐中電灯であれば、天井から吊るして電気代わりにすることもできるかもしれません。

 

騒音に気をつけよう!

 

深夜の引越しでいちばん心配なのが「騒音」です。

 

引っ越し作業はトラックの音や荷物の積み下ろしの音、作業員同士の声掛けなど、日中でも「うるさい」と感じることがありますよね。深夜の引越しともなれば、なおさら騒音に気を配る必要があります。エレベーターや階段、廊下の搬出・搬入・運搬作業も意外と音が響くものです。

 

マンションの廊下

 

まずは引っ越し業者の方々にくれぐれも静かに作業をしてもらえるようお願いしておきましょう。缶コーヒーやお菓子などの差し入れを手渡しながらやんわり伝えると角が立たなくていいかもしれませんね。

 

もちろん業者側の皆さんはプロですから当然心得ているとは思いますが、引越し後も住み続けるのはあなたです。入居早々に「非常識な人」とか「夜逃げしてきたのでは…」といったイメージをもたれたり、大家さんや管理会社にクレームを入れられないよう、くれぐれも気をつけてください。

 

近隣への挨拶は…?

 

引越し作業は案外目立つものですし、ご近所の方々に迷惑をかけることもあります。これからお付き合いをしていく方々へ対しての心配りは必要です。隣近所
の住民の方々へ事前の挨拶を怠らないことに注意しましょう。

 

インターフォン

 

可能であれば、両隣りと上下階の住人の方へ夜間引っ越しを行う旨を事前にお知らせしておけたらベストです。

 

しかしなにぶん夜間の引越しですので、当日になるようでしたら、挨拶に行くこと自体が非常識だということが多いでしょう。その場合は郵便受けや玄関のドアにその旨一筆書いたメモを入れておいてもいいですね。事前に知らされていると、人間は少々のことは大目に見れるものだそうです。

 

翌日にあらためて500円〜1000円程度の手土産を持って引越し挨拶にうかがえば、新居での生活を円満に始められるのではないでしょうか。

 

事前に夜間の引越しを伝えられなかった場合も、引越し挨拶の際に「昨夜は仕事の関係で深夜の引越しとなってしまい、ご迷惑をおかけしました」と一言添えるといいでしょう。

 

忘れ物に注意!

 

自転車置き場

 

深夜の引越しは、バタバタしてしまいますし、忘れ物も多くなっています。エアコン、シーリング(照明器具)、自転車置き場に置いている自転車などは特に注意しましょう。

 

照明器具を外してしまった後は見えづらくなりますので、部屋に財布やスマホを忘れてきてしまった!といった事態にも気をつけてください。

 

旧居・新居のライフラインに注意!

 

まず、退去時には旧居の電気のブレーカーを落としたり、ガス、水道の栓を閉めたりすることを忘れないようにしましょう。また、ガスに関しては立ち会いが必要なので、事前に予定を立てておくことが必要です。

 

電気のブレイカー

 

照明器具を外してしまうと見えなくなる上に、新居への移動も控えているため気が焦り忘れがちです。また戻って来なければいけない羽目にならないように、最終チェックリストをまとめておくといいですね。

 

また、新居では、電気、ガス、水道などのライフラインがすぐに使えるようにしておくことも忘れないようにしてください。電気は引越し作業に必要ですのでもちろんのこと、引越し作業後にお風呂に入りたい!と思ったらガスが通ってなかった…ということも。

 

即日・深夜の引越しは時間帯が時間帯ですので、あまり多くのことは望めないかもしれませんが、できる限りの準備はしておくに越したことはないでしょう。

 

新居への移動手段、準備を万全に。

 

即日・深夜の引越し。旧居での搬出作業を終えた後、新居へ向かう交通手段は考えてありますか?

 

当然ですが、引越し業者の車に一緒に乗っていくことはできません。
※時々ドライバーさんが好意で「乗ってく?」と言ってくれることがあるという口コミを目にします。そうできたら楽だなあと思うかもしれませんが、遺法ですのでやめましょう。引越しのトラックに作業員以外を乗せることはできません。万が一、事故を起こしたら大問題です。トラブルの元になりますので、強い意志で断るのが賢明でしょう。

 

地域にもよりますが、深夜の移動の交通手段は思いのほか限られていますので注意が必要です。

 

日中であれば普通に電車やバスなど公共の交通手段を利用することが多いと思いますが、深夜の時間帯では終電・終バスが終わっている可能性が高いです。

 

夜のホーム

 

前の現場の作業遅れや、渋滞にはまったりなどでトラックの到着が遅れたり、作業が押したり…様々な理由で、予定の終了時刻よりも大幅に遅れる可能性もあります。「おそらくこの終電・終バスにギリギリで乗れるだろう」という予定の立て方はやめておきましょう。万が一乗れなかった場合どうするか?といった手立てを考えておくことが必要です。

 

自転車で移動するという人もいると思いますが、雨が降ったら…?天気次第ではカッパなどの準備も必要です。

 

タクシーを利用する場合は、引越し代金の他に、タクシー代を用意しておくことを忘れずに!

 

深夜ですので、ご自分で車や自転車を運転していくという場合は、くれぐれも安全運転で行ってくださいね。

 

体調管理にもご注意を!

 

日が落ちると途端に気温が下がるものです。引越し作業は何と言っても足が冷えます。床から足の裏を通って、直接冷気が体に上ってきます。特に女性はスリッパやホッカイロを用意しておくことをおすすめします。途中、コンビニや自動販売機であたたかい飲み物を摂ることもおすすめです。

 

引越し作業のスリッパ

 

また、夏場で深夜も暑い場合は引っ越し作業と移動で思いの外汗をかいているかもしれません。スポーツドリンクを摂ったり、熱中症に気をつけましょう。

 

即日・深夜の引っ越しで、実は明日も仕事という方も多いかもしれません。引っ越しは想像以上に体力を使うものです。風邪を引いたり体調を崩したりしないようくれぐれも注意してくださいね。

 

引越しのみならず、例えば夜遅くに完成した商品を朝までに搬入したい、宅急便では間に合わない緊急の荷物がある、等に対応するサービスがあります。同様に引越しも勿論対応可能なのです。当日に急に依頼しても大丈夫、仕事終わりでもよいし、当日梱包・当日届け・当日開梱も対応等に対応してくれる運送会社もあります。
また、単身引越しサービスの「軽急便」では、軽車両を完全1台貸し切りで、大手引越し業者がまねできない早朝深夜引越しや当日引っ越しなどにも対応しています。色々とチェックすれば、必要なサービスを提供している業者に巡り会う事ができるでしょう。

深夜の引越し、よくある質問Q&A集をまとめてみました

深夜の時間帯に引っ越したい。
即日、今日中に引っ越したい。

 

そんな時、不安・心配になることが色々あると思います。
ここでは、よくある質問Q&Aをまとめてみました。

 

考える人

 

質問即日・深夜でも、大手の引越し業者にお願いしたいのですが…

 

回答大手業者より中小業者になる可能性が高いと思います。

 

閑散期(暇な時期)の即日引越しなら、大手でも引き受けてくれるところがあるかもしれませんが、繁忙期(混雑している時期)だとトラックが不足していることが考えられますので、難しいかもしれません。

 

どの業者が手を挙げてきてくれるかは、その時々の状況によって違います。まずは「引越し一括見積もり」で複数の業者に依頼をしてみましょう。

 

深夜の引越しは、「深夜」の時間帯にもよると思いますが、やはりこちらも大手引越業者より中小規模の引越業者が引き受けてくれることが多いと思われます。

 

そうきくと若干不安になるかもしれませんが、「引越業者一括見積り」は個人運営の小さな引越し業者や便利屋などの業者は提携していません。もちろん悪質業者も紛れ込んでいません。中小といえども、しっかりとした中堅業者が来てくれるので、その点安心ではないでしょうか。

 

質問即日・深夜の引越しスタッフ、どんな人が来るか不安なのですが…

 

回答「引越業者一括見積」に提携している業者には、一定の信頼度があります。

 

というのは、この一括見積もりを利用して実際に引越しをしたお客さんからたくさんクレームが入った業者は、提携を解除されてしまう恐れがあります。引越し業者としても、一括見積もりサービスからの売り上げは重要ですので、悪い口コミや評判が立ち、提携を解除されたら大変です。社員、アルバイト問わず、一定レベルの対応をとってくれると思います。

 

女性で深夜に引越ししようというは特に不安に思うかも知れませんが、「引越業者一括見積」サービスを利用するひとつのメリットと言えるでしょう。

 

質問深夜や即日の引越し、やっぱり割増料金はかかりますか?

 

回答料金見積もりは、人件費の関係上、通常料金に深夜料金が加算された割増料金になります。

 

普通に依頼すれば、通常料金から20〜30%ほど夜間割増となる業者が多いと考えてください。即日引っ越しの場合も「即日対応料金」などの割増料金が加算される可能性があります。

 

しかし、引越し一括見積もりで複数の業者から提案があった場合はこの限りではありません。業者同士で牽制し合うことになりますので、全体からの値引きや、割増分のサービスなどが行われる可能性がありますので、普通に依頼する場合より安い費用で引越しができると思います。

 

必ず一括見積もりサービスを利用しましょう。

 

質問「フリー便」や「PM便」を利用すれば安くなるときいたのですが…

 

回答「即日」の引越しご希望ならいいですが、「深夜」希望の場合は、希望にそぐわない可能性があります。

 

「フリー便=何時でもOK」「PM便=午後なら何時でもOK」という意味です。

 

「即日」の引っ越しができれば何時でもいい、そのかわり費用を安くしたい。という方なら、一括見積もりで「フリー便」や「PM便」希望であることを伝えれば、より安く引っ越しできる可能性がありますね。

 

しかし実例ですが、前の引っ越しの作業遅れなどでトラックが到着したのが深夜11時ということもあるようです。それから荷物の搬出、移動、荷物の搬入と作業を行いますので、すべて終了したのは夜中の1時過ぎだったとか。そういうリスクがあることは事前に覚悟してから申し込んでください。

 

一方、「深夜」の引越し希望の場合、「フリー便」や「PM便」を頼んでしまうと、フリー便なら午前中に来てしまう可能性もありますし、PM便なら午後1時、2時に来てしまう可能性があります。「フリー便」や「PM便」で深夜指定にすることはできないとは思いますが、どうしてもという場合は、ダメ元で担当者に聞いてみてください。

 

質問一括見積もりの後、営業マンが荷物の量を見るために訪問するときいたのですが、即日の引越しを希望している場合、そんな時間あるのでしょうか?

 

回答営業マンのスケジュールによって、訪問する場合としない場合があると思います。

 

が、実際に部屋を訪問して荷物の量を把握しないと、正確な大きさのトラックを手配できません。電話での本人の申告のみで小さなトラックを手配してしまい、荷物が入りきらなかった…というような事態にもなってしまったら困りますよね。

 

それでも即日引っ越したい!という場合は、もし荷物が入りきらない場合「お客様の責任でご自身で運びください」であるとか、「トラック2回分の費用を負担してください」などの取り決めをする可能性もあります。

 

いずれにしても、即日の引っ越しでも引き受けたい業者は、様々な方法を考えてくれるはずです。あなたが本当に即日引越しがしたいのであれば、まずは一分でも早く相談することが先決です!まずは話をしてみましょう。

 

質問即日引越しに対応できないケースはどのようなものでしょうか?

 

回答家具を窓からクレーンで搬出・搬入しなければいけない物件や、ピアノがある場合などは別途手配が必要ですので難しいでしょう。

 

他にもペット同伴の引っ越しなど、事前に準備や調整が必要な引っ越しは、即日の引越しを受けてもらえない可能性が高いと思われます。

 

質問即日・深夜の引越しをしたいのですが、仕事で荷造りをする時間がないのですが…

 

回答「らくらくパック」などの荷造り代行サービスのある業者と契約できれば引越し可能だと思いますが、そうでなければ引っ越し自体が難しいかもしれませんね。

 

まずは引越し一括見積もりサービスから、「即日」「深夜」の引っ越し希望で、さらに「荷造り代行サービス」希望である旨相談してみましょう。繁忙期だと難しいかもしれませんが、閑散期でしたら可能な場合があるかもしれません。

 

質問即日・深夜の引越し。実現可能な時期や曜日はいつでしょうか?

 

回答引越し業者のトラックや作業員に余裕がある閑散期(暇な時期)です。

 

引越しの繁忙期(混み合う時期)は就職、転職、大学への進学などが多い3月〜4月です。次いで6、10、12月などの転勤が多い時期となります。それ以外は閑散期となりますので、比較的こちらの要望に応えてもらえる可能性が高くなります。

 

また、賃貸契約が月末までとなる場合が多いので、月初よりも月末に引っ越す人が多いようです。月初、月中の方がおすすめです。

 

曜日で言うと、土日祝日に引越しをする人が多いので、それ以外は比較的空いているといえるでしょう。

 

さらに引越しでは「大安や仏滅、先勝、先負」などの「六曜」と呼ばれるお日柄を気にする習慣がありますよね。大安が人気ですので、それ以外の日を狙うといいでしょう。

即日引越し対応の業者、いろいろあります。

格安、即日の引越し、インターネットで調べるといろいろと検索結果が出てきます。例えば赤帽。東京都か一人暮らしの引越しの場合、格安の価格で見積もりし、即日は移送してくれます。近くだけでなく、北は東北、西は中部、関西地方まで、各地から都内への単身引越しも可能です。赤帽はチャーター便なので荷物が即日届くというのが特長です。ただし、赤帽は引越し業者とは異なります。基本的には、個人の運送業者ですので、家電・家具を積んだり、運んだりするのが得意でないケースもあります。また、事前に荷物の量などをしっかり相談して、運転手さん以外のスタッフもくるのか確認をしましょう。このあたりは、やはり引越し専門業者のほうが安心してお任せできます。

 

神奈川県の単身引越し屋さん「アイデア引越センター」というところもあります。即日/当日引越しプランというものがあり、「今から引越ししたいんだけど」というニーズに応えてくれます。事例としては、引越し作業中にぎっくり腰になってしまって急遽依頼したとか、手配していたレンタカーが手続きもれで借りられず急遽引越し依頼があった等ということがあるそうです。そういう突発的なトラブル時に助けてくれるなんてありがたいですよね。

 

その他にも様々な業者が即日引越し対応してくれますが、そんな突然の引越しでも、やはりオトクに安く済ませたいものです。そういうときには一括見積もりが便利ですよ。ただ、できれば正午までには一括見積もりを済ませないと、さすがにいい時間帯で対応してくれるよい業者を見つける事が難しくなりますので、ご注意ください。

 

関連サイトのご紹介

 

近距離の引越し。格安プランには、こういう種類があります! http://www.xn--68j302loe3apjaj7ffwq.com/
市内の引越し、同じマンションの別の部屋へ移動…こんな時はこれで安くなる!

 

自転車の送料が安いのは…。ヤマトの宅急便、それとも引越し業者? http://www.xn--qev434ds0izc31e.com/
26インチのシティサイクル、ロードバイクなどの自転車を送る場合の配送料について。