便利屋の引っ越し

便利屋さんに引っ越しを頼む場合の注意点

便利屋さんは、清掃や修理から留守番までさまざまな雑事を請け負うサービス業です。ところで便利屋さんの中には引っ越しの手伝いも行います、と広告しているところもありますよね。専門業者ではなく便利屋さんに引っ越しを頼んでもいいのでしょうか? 特に深夜の引っ越しでは、一般の引っ越し業者が見つからず、やむを得ずというケースもあるかもしれません。

 

深夜OKの引越し業者を探す方法はこちら

 

 

便利屋さんに引っ越しを頼むのは、引っ越し業者に頼む場合とかなり勝手が違います。引っ越し業者と同じつもりで契約すると、のちのち困ることも。

 

まず認識しておきたいのは、荷物の運搬などを便利屋さんが行うのは違法ということです。運送や引っ越し作業を業務として行うためには、国土交通大臣の許可が必要です。では、便利屋さんは違法に引っ越し作業をやっているのかというと、そうではありません。業務の内容が引っ越し業者と違うのです。

 

引っ越し業者の場合は、荷造りから積み込み、運搬そして荷降ろしまで一連の作業をまとめて請け負ってくれます。しかし便利屋さんだと、たとえば作業のときに自社のトラックを提供すると法に触れますから、レンタカーを手配しなくてはいけません。また、荷物を積み込んだトラックを運転して荷物を運ぶと運送業務にあたってしまいますから、これもNGです。しかしその他の、梱包や部屋のクリーニング、または作業中のペットの預かりのような、こまごましたサポート作業はかなり幅広く行うことができます。

 

便利屋の引っ越し

 

便利屋さんを頼んでの引っ越しは、自力引っ越しに近いイメージを持っておくとよいと思います。引っ越し業者に頼むと、作業の主体は業者ですが、便利屋さんの場合は主体はあくまでも依頼主であり、便利屋さんのスタッフはあくまでそのサポートをする立場になるわけです。

 

運送中に荷物が破損した場合や、床に傷がついた場合、便利屋さんは補償してくれないことが多いです。業者の姿勢にもよるのですが、やはり「お手伝い」として小規模に行っているだけなので、保険などはかけられないのかもしれません。

 

便利屋さんは料金が格安で、深夜などの対応も相談に応じてくれやすいといったメリットもありますが、引っ越し作業を依頼主が自分でデザインする必要があります。その点で、使い方がや難しいといえるでしょう。