衣類はダンボールに入れる

衣装ケースなどはそのままでOK

家具は中を空にして運ぶのが基本ですよね。食器棚、本棚、CDラックなど、どれも物を入れたままだと重くて運べませんし、当然、破損の危険もありますから、中身をすべて取り出して別個に梱包する必要があります(大変ですね!)。

 

では衣類の場合はどうなるのでしょうか? 軽くて破損の危険もないし、洋服タンスをそのまま運べたら作業が少し楽になるのですが……。特に深夜の引っ越しは、時間との戦いもあります。でも残念ながら、洋服タンスの場合も他と同様に、中の衣類はすべて取り出して空にするのが基本です。

 

衣装ケース

 

ただし、衣類に限っては、中身が入った状態でも充分運べるような軽量の衣装ケースなどであれば、いちいち取り出す必要はありません。具体的には、プラスチックや布など軽量素材でできた衣装ケースが、この条件に当てはまります。

 

こうした衣装ケースはふたがきちんと固定されないものが多いので、移動中に衣類が飛びだしてしまう恐れがあります。ふたが開かないように、十字に紐をかけてしっかりと固定しましょう。もちろん、中身を出してしまっても問題はありません。融通の利く衣類はダンボール箱に移動させておいて、軽いけれどかさばってしまうぬいぐるみ、子供のおもちゃ、靴などを空の衣装ケースに入れて運ぶというのも、賢い梱包方法だと思います。

 

スーツ、コートなど、普段タンスの中ではハンガーにかかった状態になっている衣類は、たたむとシワになったり、型崩れする恐れがあります。こうした衣類はハンガーボックスに収納すると便利です。これは、縦長で内部にハンガーを吊るす棒が渡してある収納箱で、最近は相談すれば、ほとんどの業者で貸し出してくれると思います。洋服ダンスをそのままミニチュアにしたような形態なので、ハンガーにかかけた衣類をそのまま移せる便利さが人気です。

 

着物を持っている方も、業者に相談してください。普通のダンボール箱だと長さが足りないため、着物を小さくたたまないと入りませんよね。でもそれだとせっかくの着物にシワがついてしまいますから、長くて薄型の、着物専用のダンボールを用意している業者も増えています。

 

ただ、ダンボール箱は着物の天敵である湿気を吸いやすいのが欠点。移動が終わったら速やかにダンボール箱から出すようにしてください。