解約した部屋に忘れ物をしてしまったら

解約した部屋に忘れたものはどうなるの?

あって欲しくないことですがどうしてもやってしまうのが、部屋に何かを置き忘れたまま、退去してしまうことです。特に深夜の引っ越しは慌てていることも多いので、そのようなことも少なくありません。では部屋に忘れたものは、どのような扱いになるのでしょうか?

 

忘れ物の取り扱いについては、部屋を借りるときに作った賃貸契約書に約定があります。ほとんどの契約書では、部屋に忘れ物(残置物(ざんちぶつ)というのが正式な言い方です)をした場合は、契約者が所有権を放棄したとみなされ、貸主に処分する権利があると定めていると思います。もしも手元に賃貸契約書があったら、参考までに確認してみてください。

 

では、忘れ物をしてしまったら、問答無用で廃棄されたり、良くてリサイクルショップ行きになってしまうのかというと、実際はそうでもないようです。賃貸アパートにはいろいろな人が入居しますから、約定に沿って忘れ物を処分したら、あとで「あれは実は高価なものだったので、弁償してください」とトラブルになる、というケースもたまにあるようなのです。貸主さんとしては余計なトラブルは避けたいので、忘れ物はすぐには廃棄せず、少し様子を見るというケースも少なくないようです。

 

ホウキ1本、ねじ回し1個を棚に置き忘れた、という場合はさすがに業者が入ってのクリーニングで捨てられてしまう可能性が高いですが、小物や書籍のような家財は、取り置いていることも考えられますので、気がついたら一度連絡をしてみることをおすすめします。

 

解約の手続きのときに携帯電話の番号などを伝えて、もしも忘れ物があったら一報して欲しいと頼んでもよいと思います。こちらから取りに来るので、とか、着払いで送ってくださいと言えば、あまりいやな顔をせずに了解してくれるのではないでしょうか。

 

エアコン

 

ちなみに、エアコンを忘れた場合は、これはそのままの状態になっている可能性が高いです。あんな大きなものを? と驚きますが、見落として忘れていく方がとても多いらしく、次の入居者がそのまま使用しているケースも少なくないとか。

 

エアコンは取り外しの手続きや費用はこちらで負担することになると思います。処分される確率は低いですが、忘れるとけっこう面倒ですね。気をつけましょう。