盗聴器の場所

家電、電話のモジュールラック、ぬいぐるみなど

昔と比べると、盗聴事件ってずいぶん増加したと思います。おそらく、盗聴器の小型化、ハイテク化が一番の要因なのではないでしょうか。

 

警備会社、探偵事務所、引っ越し業者などなど、いろいろな業種で盗聴器の探査サービスを行っており、ここからも盗聴事件が潜在的には非常に多いことがうかがえます。

 

そして、深夜の引っ越しを考えている人の中には、盗聴器をつけられるなど、ストーカーや誰かの監視を受けていることから逃れるためという人もいるかもしれません。

 

深夜OKの引越し業者を探す方法はこちら

 

 

盗聴器は部屋のどんな場所に取り付けられてしまうのでしょうか? いざとなったらプロに頼むから、という方も、もう探査してもらったよ、という方も、知っておいて損はないと思いますよ。

 

テレビや額縁のうしろ、テーブルの裏、エアコンの上……。これらは難易度の低い場所といえます。単純に、普段の生活の中で死角になっているポイントですから、イスにあがったり、家具を寄せてみるだけで見つかることが多いです。

 

他には、新聞受け、花びん、ぬいぐるみの中などから発見されたケースもあります。今まであげたポイントでは、盗聴器がそのまま入れられたり、貼り付けられたりしていることが多いです。そのため、もしも発見した場合は、そのまま除去して捨てればよいのです。その点でも難易度が低いといえるでしょう。

 

同じ盗聴器でも、何かの内部に埋め込まれているタイプとなると、これは難易度が大きく上がります。この手の盗聴器が発見されるのは、たとえばコンセントや保安器、ブレーカーボックスの中などで、何かの部品に偽装させてあるケースがよくみられます。電話器と壁のモジュラージャックの途中に仕掛けて電話を盗聴するようなタイプもあります。

 

電話のモジュールラック

 

家電の内部に取り付けられるタイプは、たいてい家電から電力が供給される仕組みになっており、電池式よりも長時間動き続けるので厄介です。

 

こうした埋め込み型の盗聴器は、探査にせよ撤去にせよ、素人の手に負えるものではありません。専門家に依頼しましょう。もしも盗聴器だとわかった場合でも、自分で外そうとするのはNGですよ。感電のリスクもありますし、家電を壊してしまうと厄介です。必ず専門技術を持った専門家を呼んでくださいね。